看護師の夢を叶えるサイト

看護師から保健師へ進もう

サイト紹介

サイト紹介

キャリアアップを目指す看護師の為に役に立つ情報を載せている看護師さん必見のサイトです。看護師になった以上は夢を持って仕事をしたいですし、自分のライフスタイルを大事に過ごしたいものです。目標と自信をしっかり持って進んで行きましょう。当サイトへのお問い合わせはコチラから

〔保健師〕は病気予防のプロフェッショナル

〔保健師〕は病気予防のプロフェッショナル

保健師と聞くと、各都道府県にある保健所で勤務する保健師を先に想像しませんか?地域に密着して人々の病気予防を行う保健師は、公務員として働ける為に人気のようです。では、保健師の仕事とはどういった種類があるのか見てみましょう。

Pocket
LINEで送る

保健師の仕事内容

保健師は、病気になる事を予防して心身ともに健康で日常生活を送る事ができるように手助けする仕事です。医師や看護師は病気を治す事が目的となりますが、保健師は病気の予防や健康増進をする事が目的としています。具体的な仕事内容で言えば、健康診断等で疾病の早期発見や、将来病気の恐れがある人を発見し、生活指導や食事指導を行います。その他、自分は病気かも?と思う人や、子供の成長に疑問を抱く母親の相談に乗り、健康に関する知識を広めたり、問題が疑われる時は医療機関への受診を即する事も仕事のひとつです。
健康に関しての相談は、乳幼児から高齢者までかなり幅広い年代となります。その為、幅広い知識と広い視野が求められます。実際の業務は健康診断や予防注射、乳幼児の検診から健康相談など、業務は多岐にわたります。人の健康を守る事が仕事ですので、当然医学知識が求められます。その為、保健師になるには看護師免許が必要となります。

保健師の活躍の場所

保健師の基本的な仕事は疾病予防に為の手助けですが、勤務先によって仕事内容が異なってきます。保健師が活躍できる場所は、地域の保健所や市役所での行政保健師、企業の医務室や健康相談室で働く産業保健師等があります。また、学校の保健室と擁護教論で働く学校保健師もあります。ここでは、行政保健師と産業保健師、学校保健師についてもう少し詳しく記述します。
まず行政保健師は、地域の保健所や市役所で公務員として働きます。地域の住民の健康を守る事が役割となり、乳幼児から高齢者まで幅広く対応する事になります。育児相談を受けたり、自宅療養している人を個別に訪問したりと仕事は多岐にわたります。また、公務員としての仕事もある為、さまざまな事務処理をこなさなければいけません。
次に産業保健師です。産業保健師は、企業の人事労務の担当者と産業医と連携しながら、その企業で働く従業員の健康を管理します。最近は仕事のストレスからくるうつ病が多く、各企業でメンタルヘルス対策が重要視されています。その為、体だけなく心の健康を予防する事も保健師の大事な役割となっています。
最後に学校保健師です。学校に勤務して生徒と職員の健康を管理します。いわゆる保健室の先生(養護教諭)と似た役割とはなりますが、養護教諭は教員免許がある先生となりますので、看護師免許を持つ保健師とは異なります。

就業場所別の保健師数

厚生労働省の調査によると、保健師の就業場所でもっとも多いのは市区町村に勤務する人で26,528人、次に多いのが保健所の7,467人となっています。この数字から見ても、公務員の人気がある事がうかがえます。保健師の就業場所は多岐にわたりますし、病院勤務とは違って一般のサラリーマンと同様の勤務時間で休みも完全週休2日制になる事が多いので、保健師は自分の時間を有効に使いたい看護師には人気があります。
保健師になる為には大学に進学しなくてはいけませんが、アクセスの良さやキャンパスの雰囲気が良い事で人気なのが東京医療保険大学です。

東京医療保険大学は充実したカリキュラムで学ぶ事ができるのでお勧めですよ。 東京医療保健大学へ行く

保健師になるなら

読むとお得!