看護師の夢を叶えるサイト

命の誕生に夢を感じる看護師は助産師を目指そう

サイト紹介

サイト紹介

キャリアアップを目指す看護師の為に役に立つ情報を載せている看護師さん必見のサイトです。看護師になった以上は夢を持って仕事をしたいですし、自分のライフスタイルを大事に過ごしたいものです。目標と自信をしっかり持って進んで行きましょう。当サイトへのお問い合わせはコチラから

〔助産師〕は出産のスペシャリスト

〔助産師〕は出産のスペシャリスト

助産師と言えば、大体が産婦人科勤務や助産院で働く事を想像します。しかし、医師以外で独立を認められるのは助産師だけです。その為、キャリアアップするには良い職業だと思います。ここでは助産師の仕事内容を知りましょう。

Pocket
LINEで送る

助産師とは

助産師とは字のごとく、産婦さんを助ける仕事であり、昔は産婆さんと呼ばれていました。産婆の歴史は古く、明治時代中期までは特別な資格がなくても産婆として働く事ができました。しかし、母子保健の安全と確保を理由に、明治32年に産婆規制と名簿登録規則が発令され、一定水準の技術と知識がある産婆だけに免許が与えられました。これが現在の助産婦の原型となり、それから100年以上をかけて法整備や社会のニーズ対応、地位向上とさまざまな変化を遂げ、産婆から助産婦になりました。
その後2002年の保健師助産師看護師法の適応により助産師という名称で呼ばれるようになりました。また、この法定で男性の起用も認められ、現在は多くの男性が看護師や保健師で活躍していますが、助産師は女性だけが取得できる資格となっています。

助産師の仕事は出産だけ?

助産師の仕事はいまだ出産に立ち会い、赤ちゃんを取り上げる仕事と思われる事が多いですが、実際はそれだけにとどまりません。助産師の仕事には、妊婦、じょく婦(出産直後の女性)、新生児の保健指導を行う事が役割とされており、妊婦の健康管理はもちろんの事、食事指導や運動等の生活指導を行います。出産後もじょく婦の体調管理や母乳指導、乳児指導等と、人の誕生に関わる一連の流れを管理して指導を行います。
また助産師は全ての女性に親になる自覚を持たせ、妊娠出産について知識の普及や家族計画の指導を行います。地域に密着した助産師は産婦人科の医師以上に妊婦の生活に寄り添う事ができますし、医学知識を持った上で女性目線のアドバイスもします。女性の特性を有意義に生かしているのが助産師の特徴と言えるのではないでしょうか。

助産師としてできる事

助産師は病院勤務の他、単独で助産院を開院する事が許されています。その為、ある程度助産師の経験を積んだ後に独立する事ができます。しかし日本の法律では、助産師が医師の指示がなくても行える行為は正常な分娩の介助と定められています。ですので、正常な分娩ができない時や異常を発見した時は速やかに医師の指示のもと、安全なお産が行えるように連携が不可欠となります。助産師は広い知識と確かな技術、適切な判断力が必要となります。人の誕生に携われる仕事は、たとえ大変でも喜びとやりがいがある仕事だと思います。

助産師が活躍できる場所

助産師は大学病院や総合病院の産婦人科、診療所や助産院、地域の保健センターでの勤務となります。また、助産師としてキャリアを積めば個人で助産院を開院する事が認められていますので、自然分娩を希望する女性に人気があります。ただ、何か問題がありそうな出産や困難な出産の場合には、助産師だけでは助産ができなくなりますので、医師がいる病院を紹介するのも助産師の重要な役割です。職場別で助産師の数を見ると、病院勤務がもっとも多く20,784人となっています。続いて多いのが診療所の6,663人で、助産院は1,742人となっています。
命の誕生に立ち会える助産師になりたい人は、充実した内容で学べる助産師学校に通いましょう。

日本で初めての助産師学校として定時制2年コースが併設された母子保健研修センター助産師学校は実績がありますし、しっかりと学ぶ事ができます。 母子保健研修センター助産師学校へ行く

助産師になるなら

読むとお得!