看護師の夢を叶えるサイト

看護師が夢見る認定看護師の資格とは

サイト紹介

サイト紹介

キャリアアップを目指す看護師の為に役に立つ情報を載せている看護師さん必見のサイトです。看護師になった以上は夢を持って仕事をしたいですし、自分のライフスタイルを大事に過ごしたいものです。目標と自信をしっかり持って進んで行きましょう。当サイトへのお問い合わせはコチラから

〔認定看護師〕は臨床現場のエキスパート

〔認定看護師〕は臨床現場のエキスパート

日本の医療はどんどん高度化しており、医師と同様、看護師にもより高い知識と技術が求められるようになってきました。その中で注目されているのが認定看護師制度です。では、認定看護師はどんな役割を持っているのでしょうか。

Pocket
LINEで送る

認定看護師制度とニーズ

認定看護師制度とは、特定の分野において水準の高い看護を実践できる認定看護師を社会に送り出し、看護の質向上と看護ケアの広がりを目的として生まれた制度です。また、同じような資格では専門看護師資格もあります。認定看護師と専門看護師の違いを簡単に言うと、認定看護師は臨床現場においてのエキスパートであり、専門看護師は看護ケアのスペシャリストと言えます。
近年、医師不足や医療技術の高度化、高齢社会の影響によって看護師の必要性はかなり高まっています。認定看護師は一般看護師よりも特定分野の知識や経験を持ちますので、集中的なケアができる他、看護師への指導等といった幅広い業務を行う事ができます。その為、今後更にニーズが拡大される資格となっています。

認定看護師の役割とは

認定看護師は、実践、指導、相談の3つの役割を持っています。実践とは、患者さんやその家族等に対して熟練した看護技術を持って水準の高い看護を実施する事です。実際の現場では、患者さんやその家族のメンタルケアも役割の中に入ります。指導は、看護実践を通して看護師の指導、教育を行う事になります。最後の相談ですが、介護職に対してコンサルテーションの実施をする役割となります。

認定看護師資格取得までの流れ

次に認定看護師資格を取得するまでの流れをご紹介します。まず、認定看護師になるには日本国内で看護師免許を取得する必要があります。看護師免許取得後、実務研修が通算5年以上(うち3年以上は認定看護分野の実務研修)あれば、認定看護師教育機関で学ぶ事ができます。そして6ヶ月(615時間)の課程を修了する事で認定審査(筆記試験)の受験資格がもらえます。認定審査を受けて合格できれば、晴れて認定看護師の認定証が交付されます。
この認定証は5年毎の更新手続きがありますが、更新には看護実践と自己研鑽の実績についての書類審査があり、審査が通れば更新が実施されます。

認定看護師のメリットとは

認定看護師になると重要なポジションとなる仕事を担う場合もあり、職位が上がる可能性があります。また、資格取得を高く評価する病院で勤務しているなら、手当がついて給与アップが期待できます。その他、資格取得できた事が自信につながり、仕事にもやりがいを感じられると言います。認定看護師は重要なポストについて仕事をする事が増えます。高度医療を受ける患者さんやその家族のメンタルケアや、チーム医療を円滑に進める為に医師と看護師とのコンサルテーションを行います。また、看護師の育成にも携わりますので、忙しい日々の中でもやりがいを持って仕事ができるのです。
認定看護師になりたい人は、優れた講師軍から教わる事ができる聖路加国際大学教育センターでの学びがお勧めです。

聖路加国際大学教育センターの講義の時間割は、平日の職場勤務を続けながら受講できるように配慮しています。 聖路加国際大学教育センターへ行く

認定看護師になるなら

読むとお得!