看護師の夢を叶えるサイト

夢を叶える為に看護師のキャリアの種類を知ろう

サイト紹介

サイト紹介

キャリアアップを目指す看護師の為に役に立つ情報を載せている看護師さん必見のサイトです。看護師になった以上は夢を持って仕事をしたいですし、自分のライフスタイルを大事に過ごしたいものです。目標と自信をしっかり持って進んで行きましょう。当サイトへのお問い合わせはコチラから

看護師のキャリアの種類

看護師のキャリアの種類

看護師のキャリアにはいくつか種類があります。自分はこの先どのような看護師でいたいかによって、選ぶ方法が変わってきます、例えば現場主義で働きたいと考える看護師なら、専門看護師の資格取得がお勧めですし、夜勤の無い勤務を望むなら公務員へ進める保健師の資格を取得するのも良いでしょう。看護師のキャリアアップにはさまざまな方面で活躍できる良さがあります。自分の人生設計と共に、看護師としてこの先をどう進んでいくかを考え、自分の希望に照らし合わせたキャリア形成をしていきましょう。

〔認定看護師〕は臨床現場のエキスパート

〔認定看護師〕は臨床現場のエキスパート

看護師の資格で注目を浴びているのが認定看護師資格です。認定看護師は臨床現場のエキスパートと称されていますが、その働きは重要なものばかりです。より高度な知識と看護技術を身につけているのが認定看護師であり、さまざまな分野でコンサルテーションを行います。また現在の高度医療にも対応できる能力を求められますし、臨床看護師の認定書は5年毎に審査をして更新しますので、資格を取った後も更にキャリアを積む事が要求されます。つづきへ

〔専門看護師〕は専門分野のプロフェッショナル

〔専門看護師〕は専門分野のプロフェッショナル

認定看護師と並んでその必要性を求められるのが専門看護師です。特定の分野でより専門知識を持って働く専門看護師は、プロフェッショナルな看護師と言って良いでしょう。活躍する分野は小児看護やがん看護、感染症看護等の他、2012年には在宅看護が承認され、現在では11分野となっています。その数はこれから先も増えていく事が予想されています。専門看護師も資格取得後は認定看護師同様、5年毎に認定証の更新があります。つづきへ

〔助産師〕は出産のスペシャリスト

〔助産師〕は出産のスペシャリスト

助産師の歴史は古く、昔は産婆さんと呼ばれ出産を介助して赤ちゃんを取り上げていました。その後時代の流れと共に産婆から助産婦へと変わり、現在では専門知識を持つ助産師として産婦人科や助産院で活躍しています。また、助産師としてある程度のキャリアを積むと個人で助産院を開業できるのも大きな特徴です。助産師は出産の介助が仕事だと思われがちですが、出産前と産後のケア、母乳指導や育児指導等、多岐にわたる仕事です。看護師や保健師は男性の参入がされましたが、助産師は女性のみが取得できる資格となります。つづきへ

〔保健師〕は病気予防のプロフェッショナル

〔保健師〕は病気予防のプロフェッショナル

保健師の活躍の場として人気なのが、公務員として働く各都道府県の保健センターです。保健師の役割は医師や看護師とは違い、病気を治すのではなく予防をする事です。その為、健康相談や健康診断、在宅看護の訪問等、幅広く活躍する事になります。また、保健師はその特質上、民間企業や学校で働く人も多いので、勤務体系はほとんど一般のサラリーマンと変わらなくなります。ただし、健康相談は乳児から高齢者まで広範囲で行いますので、かなり幅広い知識を持たないとできない仕事です。つづきへ

読むとお得!